So-net無料ブログ作成
検索選択

ラトビア前大統領との夕食会

来日したラトビア共和国のヴァルディス・ザトレルス前大統領夫妻を歓迎する夕食会を、日本・ラトビア友好国会議員連盟会長として主催しました。
前大統領は一昨年に退任しましたが、今回ご夫妻で私的な形で来日し、日本各地をゆっくりと観光されました。大統領を退任し、改めて日本の各地を訪れ、日本人の生活や文化に触れ、自然を楽しんで頂けたことは日本人として非常に嬉しい限りです。
10月19日)

DSC_0883.JPG



しいたけ等特用林産振興議員連盟

「しいたけ等特用林産振興議員連盟」の総会を開催致しました。
この議員連盟は私が会長を務めており、椎茸などのきのこ類や山菜、竹や炭など、主に中山間地で生産される特用林産物の振興を図る議員連盟です。
中山間地域は日本の国土の73%を占め、耕地面積では40%にもなります。こうした地域で行われる農業は、雇用の確保や地域の振興、里山の保全など、国土を守るという意味でも大きな役割を果たしています。
なかでも椎茸を中心とするきのこ類の生産額は林業産出額の約5割、2047億円(平成23年度)にものぼります。
議員連盟の総会では、原発事故の補償の遅れ、原発事故による風評被害の発生、原木の不足問題などについて生産者の皆様から現状を聞きました。何よりも深刻なのは、そうした諸々の状況から、急激な価格の低下が著しく、来年度以降の生産に大きな影を落としているということです。出席議員からも対応策について幅広く意見が出され、「市場に出ているものは検査済みで安全である」ことを消費者にきちんと理解して頂けるように広報活動を進めることや、現在の厳しい状況に対応するための緊急対策を自民党内の関係部署(農林部会等)で早急に検討していくこととしました。
きのこは健康の維持・増進にも素晴らしい効果が認められており、議員連盟としても消費拡大のために力を尽くしていきたいと考えています。
(10月21日)

DSC_0908.JPG

ポーランド・アイルランドの夕べ

総理公邸で「ポーランド・アイルランドの夕べ」が開催されました。この催しは、6月にポーランド共和国を安倍総理と共に訪問した昭恵夫人が主催したもので、ポーランドやアイルランドからの留学生や、3.11大震災後の夏休みにポーランドへ招待された被災地の中学生、そして日頃から交流のある兵庫県播磨高校の学生などが招かれ、会の途中から安倍総理も出席され若者同士の心温まる素晴らしい交流会となりました。

DSC_0964.JPG

DSC_0968.JPG

この交流会はピエホチンスキ・ポーランド副首相兼経済相の来日に合わせて開催されましたが、私も同副首相と午前中に会談を行うと共に、この交流会にも一緒に出席し、参議院日本・ポーランド友好議員連盟会長として挨拶を行いました。
10月25日)

DSC_0963.JPG

DSC_0956.JPG

北海道のアイヌ民族博物館にて

一昨日都内で昼食を共にしたポーランド共和国のズドロイェフスキ文化・国家遺産大臣と共に、北海道の白老町にある「アイヌ民族博物館」の敷地内に建設されたポーランド人民族学者ブロンスワフ・ピウスツキの銅像の除幕式に参議院日本・ポーランド友好議員連盟会長として出席しました。

DSC00869.JPG

DSC00887.JPG

ポーランド人ピウスツキは1887年に流刑囚としてサハリンに送られましたが、その地でアイヌ語を学び、後に刑が解かれ帰国しましたが、再び極東の地に自分の意志で戻り、北海道の白老に住んでアイヌ女性と結婚しアイヌの研究を行いました。最終的には母国ポーランドに帰国し、民族学者としてヨーロッパにアイヌや日本についての文化を紹介し、大きな貢献をしました。

除幕式を行う前には、アイヌの伝統的な火の神への祈り「カムイノミ」の厳粛な儀式が行われましたが、その儀式にも参列し、大変貴重な経験をすることが出来ました。

DSC00800.JPG

約100年前にポーランド人がアイヌ語を学び、アイヌの女性と結婚し、アイヌ文化の研究を行っていたことは驚きであると同時に両国の交流の歴史の長さを感じました。
10月19日)

ポーランド文化・国家遺産大臣との昼食会

「参議院日本・ポーランド友好議員連盟」会長として、来日中のポーランド共和国ズドロイェフスキ文化・国家遺産大臣を歓迎する昼食会を催し,
両国の文化や国家遺産などについて活発な意見交換を行いました。
私は一昨年まで自民党の伝統・文化調査会長をつとめ、我が国に於ける文化の振興とともに、国家戦略としていかに日本の文化を海外に広めていったら良いか、という提言をまとめました。
現在、クールジャパン戦略として、官民一体となってアニメ、J-POPゲーム漫画、現代アート、食文化、ファッション、など海外への発信を推進していますが、文化は国力の一つであり、ソフトパワーでもあります。引き続いて文化の振興につとめてまいります。
10月17日)

DSC_0843.JPG

DSC_0846.JPG